colum vol.2 映画は観た方がいい

04/04/2017

 

今さら言うこともないけれど、、、

 

映画って表現の勉強になるんです。

 

 

特に表現するお仕事をしている人は、何はともあれ

たくさん様々な時代や色んな国の映画を観た方がいい。

特に若い子ね。

 

 

ヘアメイクの仕事をしていると

 

「20年代の〇〇っぽい感じで」

「セーヌ川で佇んでいる、地元のインテリなおじさん風」

「クラシカルなオードリヘップバーン的な」

「モッズっぽく」「オールディーズっぽい」

「昭和初期の雰囲気で」

 

 

などなど、特に広告のお仕事ではいろんなキーワードで

ビジュアルのイメージやシーンなどのオーダーを受けることがあるし

こちらも提案する時にそういったワードを使って意思疎通することがあります。

 

自分がまだ生まれていない時代のファッションやメイクは

昔の映画を観て、その頃の流行を知ることができるので

感性を磨く意味でも、若いうちから色んな作品を見ることをオススメします。

 

昔の映画で言うと、邦画だと着物の着方やシルエットとか。

洋画だとスーツやドレスの感じだとか。

俳優さんの所作やヘアメイクも目から鱗で。。

今観ても、新鮮でとても素敵なものが多いのです。

 

映画で吸収したものを自分の中で消化して、

自分なりに表現できたらいいですよね。

 

 

私の好きな映画については、ちょっとマニアックなものも多いのですがw

私的に観て欲しい映画は、今度ご紹介いたしますね!!

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

New
Please reload

Archives
Please reload

Category
Follow us
  • Facebook - Grey Circle
  • Instagramの - グレーサークル
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© Kiki Parlour Allright Resarved